ハツリストという蛮族がいる

「ちょうな」で木をハツる、木を耕す日々

その辺にある木を使う

仕事には、いろんな木を使います。
一番多いのは杉ですが、杉も木によって色も堅さも様々ですが、概ね、柔らかくてあたたかみのある木です。
f:id:hatsurist:20160314102029j:image
その柔らかさを一番生かせるのが、足で踏むところに使うことですが、触って柔らかい木というのは、見た目も優しいので、
f:id:hatsurist:20160314103551j:image
こういう使い方も出来ます。

ほかには、松
f:id:hatsurist:20160314103638j:image
もよく使います。杉に比べると、ややカチっとした印象ですね。
表札にすると、
f:id:hatsurist:20160314104449j:image
こういう感じになりますね。松は強い木ですから民家やお城の梁に使われ、重い屋根を支えていましたので、何か逞ましい感じがします。

ケヤキなどは、松よりも更に堅い木ですが、そういう堅い木はツルツルに仕上げると、やや冷んやりした印象ですが、ハツって凸凹をつけると、複雑な模様が現れて、面白いものです。

f:id:hatsurist:20160314105010j:image

ほかに栗
f:id:hatsurist:20160314105314j:image

栂(つが)
f:id:hatsurist:20160314105404j:image

など様々な木を使います。こうしてみると、いつの間にか、国内産の木ばかりを使っているのですが、特に「国産材」とか「県産材」とか行政向きの固い言葉にたよらなくてもいいかな、と、「その辺の木を使う」ことにしています。そうすることで、世界のどこで伐られたのかもわからないような木を使わずに済みますし、エネルギーをたくさん使って海の向こうから運んでくる必要もありません。日本人に高く売れるからと、大木がバッサバッサと伐られることを助長するようなこともしたくありませんし。

ところが、家具展などに行きますと、ブラックウォルナット、アメリカンチェリー、メープル……などの山に出会うことになる。家具の展示なのか、外国産材を売りたい商社の展示なのか区別がつかないほどです。デザインも、本人達が思っているほど独自でもなく、似たり寄ったりです。「価格の問題」ということがよく言われるのですが、私なりに、どうしてこうなるかと、つらつら考えてみますと、それは単に「デザイン重視」の弊害に過ぎないのではないかと思うのですね。要するに、モノ作りの順序としてまず自分がカッコいい・素敵だと思うデザインを考えて図面を引き、しかるのちに材料を探す、と。と、こうすれば当然、日本にはそんな大きな木は無い、とか、国内産の木では価格が合わないという話になり、外国産材が採用されることになる。こうして、モノ作りの現場とはかけ離れたところで、伐採・売買など商社による利益追求が行われることになる。アフリカ欅など怪しげなネーミングが欅とは似ても似つかぬ木になされ、マツ属では無いアメリカの木が米松として売られる。モノ作りの現場での「素材不在のデザイン」を起点にして、こういう、はしたないことが色々と起きてくる。

もう一度、デザインの軸をカタチから素材へと移せば良いのだと思う。昔の人は皆そうだったろうと思う。つまり、今ある素材から発想を始めて、この素材で何を作ろうか、と、そういう順序にしてゆけば、国内に使える木は無限にある。大きな木が無ければ、小さな木を組み合わせて、大きく作る工夫をすればよい。これはやり甲斐のある仕事だと思う。制約はあるのだが、制約がある方が人は工夫をするものだ。どんなカタチでも作ってよい、という無制限の自由はかえって人の想像力を育てない。件の木工展の「作品」がどれも似たり寄ったりなのは、それを証明している。自由に作っていいよ、って言われると、ありきたりなところに落ちてしまうんでないかな。だから自分は、素材に寄り添うことで得られる自由を糧に、工夫して手を動かして、モノ作りをしていこう、その辺にある木を使い続けようと思う。

何のかんの言っても、外国産材を使わないのは、単に僕が山に材料を買いに行くのが好きなだけかもしれないし、楽器など特殊なものは外国産材無しには作れないでしょうから、一般的な話では無いとは思いますが、とりあえず、記しておきました。